今さらながらGrand Theft Auto Vのオンライン(Grand Theft Auto Online)をプレイしてみる

2017年も早くも1ヶ月が過ぎました。早い・・・・
光陰矢のごとし、とはこのことでしょうか、それにしても・・・・早い
さて、そんな2017年は血生臭いゲームです、「Grand Theft Auto Online」(グランド・セフト・オート オンライン)です。

目次

そもそも「グランド・セフト・オート」ってどんなゲーム?

このゲーム、一部熱狂的なファンが存在するゲームとして有名です。
分かりやすく説明すると「何でもありなゲーム内空間でのし上がっていくゲーム」でしょうか。
タイトルの意味が「車泥棒」なのでまあ・・・ですね。

全体的に「乗り物」が重要な役割というか、フューチャーされています。
車、飛行機、ヘリ、船、バイクといった乗り物に乗る、というのはとても大事な要素の一つです。
暴力・犯罪は当たり前です。
信号無視はもちろん、暴走、強盗・・・もちろん車泥棒も、ですね。
序盤のお金稼ぎの手段が「車泥棒」というのもこのゲームならでは、なところ。
最終的には「金」です。また「金と権力」がゲーム内の一つのテーマになっていると思います。
お金を持ったら出来る事がものすごく増えます。
逆に言えば、お金がないと何も出来ません。

「グランド・セフト・オート オンライン」

その名の通り、オンライン版です。
他のプレイヤーとミッションを楽しんだり、という生易しい内容ではありません。
オンライン版を初めて立ち上げると・・・ひどい目に遭います。
(なので、初心者の間はオンライン版を立ち上げるときは「フレンド限定」だったりという特殊モードで立ち上げるのがベスト)
つまりは弱肉強食の世界に放り出される感じ、とでも言いましょうか。

とにかくグラフィックが美麗

プレイしているのはPS4版なのですが、とにかくグラフィックがキレイです。
夜に出る月や夜景、海の見える景色、街並み、とにかく美しい。

車などの表現も美しくて、しかもこだわってます。
ちょっとぶつけたりすると、ぶつかった場所の傷表現がかなりリアルです。
これ、初めて見たときは驚愕しました。いや、この表現は大変ですよ、ええ。
こすったりしても塗装が剥げたりします。
こだわりのグラフィック表現は是非見ていただきたい。

NPCがプレイヤーっぽい行動をする

NPCの行動がプレイヤーっぽいです。
キャラがちょっと化粧をしてNPCの前を通ると声をかけられたりします。
また、走って横を通ると驚くNPCも・・・そして、警察に追われる、銃声がすると驚いて逃げます。
車を運転中でもリアルなNPCの行動が目に付きます。
路駐すると罵倒を喰らいますし、ぶつけると怒鳴られます。
もうリアルすぎて・・・

リアルを追求した「Grand Theft Auto V」は是非プレイして欲しい

このゲーム、様々な「リアル」を追求しつつ、絶妙なバランスでゲーム性を保っている、そんな印象を受けています。

来年には「VI」がリリースされる噂もありますが、オンライン版は2020年まで続けないと開発費を回収できないという話もありますので、多分2020年までは続くでしょう。
なので、まだ遅くありません。興味のある方は始めてみましょう。
PS4版には最初からマネーカードが付いてくるパッケージがあります。
出来ればこちらを購入することをお勧め。


PC版にもありますが少々値が張ります・・・

Steam版もあります。
Steam:Grand Theft Auto V

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次