2年半使った1070が壊れたので2070 Superへ買い換えた

GeForce 2070 Super ハードウェア

こんな時期に・・・と正直思いましたが、まあ仕方がないです。
仕事場で使ってるPCのグラボが壊れました。GeForce 1070。
2年半くらいですが、使用頻度考えたらこんなもんかなあ、と。

というわけで、買い換えました。

GeForce 2070 Super

今回はMSIのGAMING X TRIO シリーズ「GeForce RTX 2070 Super」です。

MSI GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO グラフィックスボード VD7016

MSI GeForce RTX 2070 SUPER GAMING X TRIO グラフィックスボード VD7016

138,800円(10/27 23:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

ただ、このグラボは自宅マシンに搭載して、自宅マシンの Radeon 5700XT を仕事場のマシンへ持ってきました。

全く同じものは見当たらなかったので、新しいモデルで。
多分、こっちの方が冷えますし性能高いと思われます・・・(泣)

ベンチマークとかは取ってないです・・・すみません。

今回、GeForce RTX 2070 Superに変更した自宅マシンですが。

最近は「RimWorld」しかやってないので(爆)、速度がどうこう、という話でもなさそうですが、実は意外と関係があったりして。
どんどん施設の規模が大きくなってくると、やはり速度が落ちてきます。というか、かなり落ちてきてました。
特に今回はmodをかなり導入してまして、modの負荷が結構大きく、時々カクツキが見られるように・・・

で、2070 Superに変更してからはカクツキがだいぶ減りました。
ベンチマーク的には 5700 XT と 2070 Super はほぼ同じ、という結果がほとんどですが、実際に使ってみると 2070 Superの方が速いように思います。
(AMDに最適化されたゲームもあるらしいので、プレイするゲームによるとは思います)

で、仕事場に 5700 XTを持っていったわけですが。
ベンチマークの数字を見ると、1070よりも随分速いはずですが、今のところ、そこまで大きな差は感じられていません。
Photoshopなどももっと劇的に変わるかな、と思ったのですが、そうでもなく・・・
恐らく、グラボよりもCPUパワーの方がこのマシンはボトルネックになってる可能性が高いです。

まあそれでもIllustratorは以前より挙動がよくなったり、ところどころで改善を感じることはできています。
もう少し使い込んでみたり、最適化を進めていくとよくなりそう。

自作PCはパーツを変えることで速度が上がりますが、いいバランスを取ることも大事。
グラボをアップしたけど、CPUやマザーボードがその速度に耐えられなければ100%の性能を出すことはできません。
さて、今のうちに9000番台のCPUを押さえておくか、もう10000番台を見据えるか、考えないといけませんね・・・

DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート)  2020年春号[雑誌]

DOS/V POWER REPORT (ドスブイパワーレポート) 2020年春号[雑誌]

1,782円(10/27 23:09時点)
発売日: 2020/03/28
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました